飲食店向けの経理体制作り

「弥生会計」や「勘定奉行」など、最近は経理用ソフトもよくCMで見みかけるようになりました。
では、一体何を基準にして経理用ソフトを選べば良いのでしょうか。
「どのソフトも一緒でしょう?」
「安ければそれでいいんじゃない?」
こんな風にお考えではありませんか?それで本当にいいのでしょうか?
市販のソフトをお使いの飲食店の方からは、よくこんな質問が寄せられました。

店舗別の黒字・赤字がダイレクトに見られない
オーナーが本当に知りたいお金の状況がわからない
専門知識がなければ入力操作が難しい
FL比率(材料費と人件費の売上げに対する割合)が簡単にわからない
飲食店向けに入力画面や業績管理画面がカスタマイズしたい
日次決算に対応できる経理ソフトはないのですか?
売上・粗利・利益などリアルタイムで把握したい
リーズナブルに導入できるソフトが欲しい
資金繰りの予定がわからない

この条件で数多くの経理ソフトを比較・検証した結果、飲食店経営に必要な情報を得るにはTKC全国会「FX2」が最適だと私たちは考えます。ぜひ安心してご利用下さい。
FX2は単に経理処理のためだけのソフトではありません。
操作が簡単なのは当たり前。真の目的はオーナーにいつでも簡単に店舗の業績を把握していただくことにあるのです。

FX2とは?

誰でも簡単に入力できる仕訳辞書機能
難しい勘定科目や消費税の処理方法は私たちが個別の飲食店向けにカスタマイズするため、オーナーは日付と金額と内容を入力するだけでOKです。
毎日見て欲しい部門別利益管理表

部門別利益管理表は、私たちのお客様であるオーナー様なら毎日見ている画面です。この画面ではオーナーが本当に知りたい各店舗の毎月の「売上」「粗利」「利益」「FL比率」を一目で確認することができます。

そして、数字に異常な動きがあれば、簡単ダブルクリックで、その内訳や時系列のグラフを見て詳しく分析できます。赤字や黒字の原因をきちんと理解して、早急な改善策を実行できるのです。

グラフで比較する部門別ランク表
各店舗の「売上」「粗利率」「利益」の優劣はグラフで簡単に比較することができます。「優秀なA店と赤字のB店の違いは、人件費の違いにあった」などもグラフですぐ分かるのです。